映画『弥生、三月 -君を愛した30年-』

STORY 1986年3月1日。 運命的に出会った弥生(波瑠)と太郎(成田凌)。 「もし、40過ぎても独身だったら、俺が結婚してやるよ!」 互いに惹かれ合いながらも、親友・サクラ(杉咲花)を 病気で亡くした事で想いを伝えられずに、別々の人生を選んだ二人。 子供の頃に描いた夢に挑み、結婚相手を見つけ子供が産まれ……。 しかし人生は順風満帆ではなく、離婚を経験し、 災害に巻き込まれ、配偶者を亡くし、 あの時、抱いていた夢は断たれてしまう。 希望を見失い、人生のどん底に突き落とされていた時 30年の歳月を超えて、 亡き友・サクラからのメッセージが届く―。